ECCJ日本語教会 in ロンドン Ealing Christian Centre Japanese Church

eccj.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

カリビアン・イブニング @ ECC

昨日の日曜日、

特別夕礼拝 (スペシャル・イブニングサービス)は CARIBBEAN EVENING!!

f0181938_19211958.jpg


来てる人たちもカリビアン衣装、カラーを身に着けて・・・とてもおしゃれ♪

f0181938_1922965.jpg





今日ばかりはいつも歌ってる賛美も全部レゲエ調!!!!!!!!!!!!

f0181938_19243011.jpg


f0181938_1924532.jpg


レゲエ賛美にいつもとは違うノリで盛り上がる会場。

それでもこの教会の神様に賛美捧げてる姿は、いつもと変わらず本当に熱い!




大盛況だったチャーチメンバーによる出し物。

f0181938_19293041.jpg



ステイシー・オリコの曲を歌いながら踊るユースの女の子たち。 かっこよすぎ。

f0181938_19295032.jpg



ユースによるダンス。 みんなすーごく上手い。

f0181938_19301858.jpg




そしてまた、カリビアンのリズムで神様に賛美した後、

f0181938_19371738.jpg



今日のメインスピーカー、Nardia Fosterさん。

f0181938_19401167.jpg




神様に仕えることの ‘醍醐味’、大切さを

会場を笑わせながらも分かりやすく、かつ大胆に語ってくれました。




そして、礼拝後のお待ちかね、カリビアン・フードは

あまりに時間が押していて、しかもお腹の空いていた私達が帰りの車の中で

ムシャムシャ食べちゃったので写真なし。012.gif



骨付きチキンがとても美味しかったなー。001.gif



今日のイベントにはあまりにもたくさん人が来たので

普段の夕礼拝では使わない2階席も開けなくてはならなかった程だったそう。すばらしい!


できるだけ幅広く、たくさんの人に読んでもらうため、ランキングに参加しています。
1日1回 どちらかをクリックしてもらえればうれしいです。
他のクリスチャンブログ、イギリス生活ブログもこちらから。


  ↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

ありがとうございます♪
[PR]
by eccj-london | 2008-09-29 20:00 | チャーチライフ。

前進すること。

‘こうして教会は、ユダヤ、がリラヤ、サマリヤの全地にわたり築き上げられて
平安を保ち、主を恐れかしこみ、聖霊に励まされて前進し続けたので、・・・・・・・・・・・・・。”
(使徒の働き 9:31)



今日、聖書を読んでいて、ひっかかった言葉。



“前進し続けた・・・。”



そうそう、そうだった。




平安を保ち、主を恐れ、聖霊に励まされることは、もちろん大切。

でも、前進しなくっちゃ何も始まらない。



ある有名な成功者が言っていた。

「成功した部分しか世間には知られていないが
実際、この成功に達するまで自分は幾度も失敗したんだ。」

と。



失敗を恐れていては何も出来ない。

失敗することを恐れず実行してみる。

ましてや、その失敗をも益としてくださる神様を知っているなら尚更のこと。

実行してみなきゃ。




平安を保ち、

神様を恐れ、

聖霊に励まされ、

そして前進 ‘し続ける’ ことが何よりも大事。




そして、その結果。

‘It grew・・・・・・・・・・・’



できるだけ幅広く、たくさんの人に読んでもらうため、ランキングに参加しています。
1日1回 どちらかをクリックしてもらえればうれしいです。
他のクリスチャンブログ、イギリス生活ブログもこちらから。


  ↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

ありがとうございます♪
[PR]
by eccj-london | 2008-09-26 22:41 | 神様からのメッセージ。

励ましの言葉。

私にはスコットランドに住むクリスチャンの友達がいます。

彼女は結婚していて子供もいて、旦那さんと教会の仕事をしている友達。




友達とはいえ、同じ ‘イギリス’ に住みながらもう何年も会ってない友達。




そんな彼女が時々、携帯にテキストメッセージ (メール) をくれます。

内容はシンプルにあたたかい励ましの言葉だけ。



“元気?

今日、Chisatoのこと思い出したから、メッセージを送ったの。

今日もすばらしい一日を!!

愛を込めて・・・。”





そして、今日また違う友達から

“Hi Chisato・・・ :-)”

とだけメッセージが届いた。




この友達はつい最近まで

毎日のように道端で偶然出くわしては、ただあいさつするだけのときもあれば、

お互いの近況や考えてることについ話し込んだりしていた友達だったから

特にうれしかった。




私もこの友達のように

あたたかい一言を自然にかけられる人になりたい。



できるだけ幅広く、たくさんの人に読んでもらうため、
1日1回 どちらかをクリックしてもらえればうれしいです。
他のクリスチャンブログ、イギリス生活ブログもこちらから。


  ↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

ありがとうございます♪
[PR]
by eccj-london | 2008-09-26 04:57 | 神様からのメッセージ。

クリームティ@テムズ川のほとり

先週の土曜日のドライブのメインの目的は

カーブーツセールでもなく、ウォータースキーでもなく・・・・これ、でした。




ロンドンに引っ越してきたばかりの頃(今も?)お友達夫婦が連れてきてくれたおすすめ場所。

‘となりのトトロ’の映画にでてきそうなのような木のトンネルを抜けると・・・

f0181938_3194276.jpg




そこは テムズ川。

f0181938_3202277.jpg





この景色を目の前に食事が出来るパブも。

f0181938_3475993.jpg






でも、今日の私たちの目的は ‘クリームティ’。001.gif

f0181938_337469.jpg


‘クリームティ’ とはクリームの乗ってる紅茶のこと。 ・・・・ではなく011.gif

‘紅茶とスコーンのセット’ をイギリスでは ‘クリームティ’ と呼びます。006.gif




この‘クリームティ’には大抵 ‘クロテッドクリーム’ と呼ばれるクリームとジャムがついてきます。

この ‘クロテッドクリーム’ は

泡立てる前の状態の生クリームが濃すぎで固まっちゃった感じ、と私はいつも説明してるけど

あってるかな? あながち間違いではないと思うのだけど・・・。


もちろんカロリーは高めです。012.gif



これ自体は全く甘くないのに、この濃厚なクリームをたっぷりとつけて少しのジャムと食べる

スコーンのおいしいのって。016.gif


カロリーのことなんてどうでもよくなるくらい本当においいしい!



もし私達が完全帰国になったら唯一 (ごめん、イギリス。笑) 持って帰りたいと思う食べ物。

この日はテムズ川を目の前にこんな景色を眺めながらクリームティをいただきました。

f0181938_3405933.jpg


f0181938_3413925.jpg


Mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm!!


我が家に遊びに来てくれる方がいれば間違いなくここにお連れすると思います。006.gif


できるだけ幅広く、たくさんの人に読んでもらうため、
1日1回 どちらかをクリックしてもらえればうれしいです。
他のクリスチャンブログ、イギリス生活ブログもこちらから。


  ↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

ありがとうございます♪
[PR]
by eccj-london | 2008-09-25 04:04 | ロンドンライフ。

ルワンダ大量虐殺。

“何か最近起こったすばらしい話はない?” 

と聞く、今日のトドラーズグループのリーダー、シャローン。



そして、2歳ぐらいの女の子のお母さんが

“少し長いけどいいかしら?”と、



10分くらいで彼女のこの10数年間を語ってくれた。





彼女はルワンダ出身。

1994年、彼女がまだ16歳だったときに起こったルワンダ大量虐殺で

両親と5人の兄弟姉妹を亡くしたそう。



その後、渡英するも

家族をこんな形で失ったあまりのショックに

鬱状態が続き、病院に入ったり出たりの繰り返し。



そんなある日、彼女はあるクリスチャンに出会い、自分も信仰を持つようになる。



それでも鬱状態が続いていた彼女は

ある日、

“あなたはもう鬱から完全に解放されています。” 

という神様の声を聞く。



それ以来、彼女はすっかり鬱から解放され、病院に行く必要もなくなった、と。




そして最近やっと、この自分に起こったこの出来事を話そうと思えるようになり、





そして今日、初めてみんなの前で話したんだ、と。








苦しみをも祝福に変えてくださる神様が心の中に起こしてくれる奇跡は本当にすばらしい。


神様のすばらしい業の話を聞き、また今日も自分もがんばろうって思いました。


できるだけ幅広く、たくさんの人に読んでもらうため、
1日1回 どちらかをクリックしてもらえればうれしいです。
他のクリスチャンブログ、イギリス生活ブログもこちらから。


  ↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

ありがとうございます♪
[PR]
by eccj-london | 2008-09-24 22:48 | 神様からのメッセージ。

ウォータースキー。

と言うんだったかな?これ。

いつもウォーキングしている公園を車で通りがかったら、なにやら賑やかな音が。



ウォータースキーのイベントをやってるのかな、と

車を駐車場に止め、会場に入ってみると

その時はちょうど競技と競技の間の時間に行われていた

マウンテンバイクのショー(と言うの??)が終わったところ。

f0181938_6431220.jpg




しばし待つこと15分。

f0181938_646348.jpg




何やらこの日は世界各国から集まった年齢別の大会らしく

この時はすでに最終の決勝だったらしい。



やっと大会が再開したな・・・と、競技者を見てみれば 

f0181938_6502843.jpg


“あれ?子供??” “しかも、女の子??”




実況アナウンスをよく聞けばこの子はまだ9歳!!!!

すごーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!




うちの娘も今から4年がんばればこんなことが出来るようになるの?




‘人間は生まれたとき、地球上の生き物の中でも最も未熟な状態で生まれてくる。’ 

(生まれたての馬や牛がすぐに立ってミルクを飲んだりするのに比べて
人間の赤ちゃんは本当に手がかかる生き物だってこと。)


と何かで読んだ事があるけど、



この世に誕生して9年目にして

ロープに引っ張られながら2枚の細い板を足に水の上を飛んだり回ったり・・・。





訓練された人間の身体能力って本当にすごい。




できるだけ幅広く、たくさんの人に読んでもらうため、
1日1回 どちらかをクリックしてもらえればうれしいです。
他のクリスチャンブログ、イギリス生活ブログもこちらから。


  ↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

ありがとうございます♪
[PR]
by eccj-london | 2008-09-24 07:08 | ロンドンライフ。

インドの友達から・・・

Facebookを通してメールが届いた。


やはり、例のオリッサとその近辺でクリスチャンが迫害され殺されているという話について。

このメール以前にも色々な形で目にしたり聞いたりした、

日本人宣教師が書いた、この事件に関する内容の文章を思い出した。




そのなかでも特に自分にとっても衝撃的であまりにショックだった箇所。

「襲われた教会では、3歳以上の女性が全員レイプされ、

それを目撃させられたあとで男性も全員殺されたそうです。」



自分はともかく、

もし何も出来ない自分の見ている前で、自分の子供がそんなことになったら・・・



ありったけの力で発狂して、泣き叫ぶに違いないと思った。

気がおかしくなるかもしれない。




このことが実際にその身に降りかかった人たちがこの同じ世界にいる。














そして、ジャンヌ・ダルクの映画を思い出した。

自分のお姉さんがレイプされ、殺されるのを目の前で見てしまったジャンヌ・ダルク。



神様の導きだと信じてイギリス軍に剣を持って立ち向かったジャンヌ。



もし私がジャンヌと全く同じ状況に置かれたら、私もそうしてしまった可能性は大いにある。







最近、日本で起こった

自分の体の不自由と子供の発達障害を苦に子供を殺してしまった母親のニュース。



自分の身に起こることはともかく、自分の子供の身に起こる事柄というのは

親として耐え難いものがあるのは私も1人の親として本当に良く分かる。



子供の成長をサポートしてあげたいのに、その足を引っ張る自分の体の不自由。

そんな自分達を知って助けてくれる人たちが、周りにずーっと誰もいなかったら・・・。



自分の子供を殺すことなんて、決して望んでやったことではないはず。

何日も1人で思い悩み、心が衰弱しきった、その時に

苦肉の策としてやってしまったことなんだと思う。



自分の子供の命を 自分の手にかけてしまおうと思うほど

1人で思いつめてしまった、この母親の気持ちを思うと本当に辛い。




もし私がこのお母さんと全く同じ状況に置かれたら、私もそうしてしまった可能性は大いにある。





私にも置かれている環境、状況次第によっては

ジャンヌやこの母親、もしくはオリッサでクリスチャンを迫害した人たちのようになってしまえる

可能性が自分の中にあることを考え、自分、人間というものが本当に恐ろしい生き物ものなんだと

改めて思った。





だから私達人間はずっと上にいる誰かに見守ってもらう必要があるんだと。





その、‘上で見ている誰か’ の思い・教えに沿った生き方が在るということをを知り、実行することも

それを無視して自分勝手に生き、知らないうちに取り返しの付かないことをやってしまうことも




両方の可能性を秘めて・・・、その選択権を与えられて私達人間は生きている。




この人たちは 私の成りえる姿。




これらの事件のことで、一番心を痛めているのは

上で全てを見ている、人間を創った神様。






被害者と加害者、そして自分も加害者となりえるそのポテンシャル(可能性)=自分の罪

のこと思って・・・。



できるだけ幅広く、たくさんの人に読んでもらうため、
1日1回 どちらかをクリックしてもらえればうれしいです。
他のクリスチャンブログ、イギリス生活ブログもこちらから。


  ↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

ありがとうございます♪
[PR]
by eccj-london | 2008-09-23 20:12 | 神様とおしゃべり。

カーブーツセール。

‘カーブーツセール’ とは日本で言う ‘フリーマーケット’ のことです。



ブーツ(boot)はイギリス英語で車のトランクのこと。

ちなみにトランクはアメリカ英語です。



イギリスのフリマは 車のトランクを ‘パカッ’ と開けてそのまま商品を売ってたことから

そう呼ばれているそう。



イギリス滞在5年間、一度も行ったことがなかったカーブーツセール。

天気の良い土曜日にドライブ中、偶然その横を通りがかったので入ってみました。



私も日本に居た頃はよくやっていたフリーマーケット。

朝早くに車から売るものを出して並べる作業は 楽しくもあったけど

物が多かったり雨が降りだすと確かにちょっと大変。



その点、イギリス流フリマは車で乗り付けて、

机を1つくらいセッティングしただけでお店になるのはとても合理的です。

f0181938_6141393.jpg



やっぱりそれも土地が有り余ってるイギリスだから成せる事なのかな。

この日は特にお天気がよかったこともあってか

たくさんの人たちが物を売り買いしに来てました。

f0181938_617245.jpg


お店によって売っている物はまちまち。

骨董品だかなんだかを結構いい値段で売ってる人たちもいれば

“そんなのも売っちゃうの?” というくらいボロボロの物を売ってる人たちも。



今日私達が思わず買ってしまった戦利品は

Globe trotter (子供版 世界地図のツイスター) (新品!) 50p (約100円)
かわいらしい子供用 ひじ当て・ひざ当てのセット (中古) 50p

 


終了間際だったからか

値切る必要もなく、最初からかなりの格安016.gif



カーブーツセール初体験、かなり楽しめました♪

できるだけ幅広く、たくさんの人に読んでもらうため
1日1回 どちらかを‘ポチッ’っとクリックお願いします♪


  ↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

ありがとうございます!!! 感謝♪ (^o^)
[PR]
by eccj-london | 2008-09-23 06:52 | ロンドンライフ。

Sunday Lunch。

昨日のLunchはECCでお友達になったSamのおうちへお呼ばれ。



一緒にご飯食べながらおしゃべりしててもドキドキ緊張するくらい美男美女のこの家族。

ブログに写真をアップしたいところだけどカメラを持って行っていなくて残念。



この日、サンデーランチにとご馳走になったのは

とってもyummyだった奥さんのRachelの手作りのラザニアにアップルタルト。



天気の良い空の下、トランポリンで遊ぶ子供たちを横に

ガーデンで食べるランチとおしゃべりの時間は本当に楽しかった。001.gif



その中の会話でとても心に残ったSamの一言。

「僕にとって何よりも励ましになるのは

イエス・キリストが十字架にかかる前に

一番近いと思っていた友達や弟子達みんなに裏切られ、

家族や友達の見ている前で味わった屈辱や試練。

このこと思うと、どんなに辛く大変なこともがんばろうって思える。」



1000人以上いるECCの日曜礼拝でいつも本当にすばらしい賛美リードをしているSam。



彼は音楽のスペシャリストだけど

彼の一番すごいなと思うのは彼の音楽に対する技術でも知識でもなく

内なる部分。



やっぱり信仰面だと改めて実感。



ステージの上に20人くらいいる賛美チームをいつもとても上手にリードしていて

美人の奥さんにかわいい子供たちに囲まれている彼だけど

やっぱりワーシップパスターとして教会に仕える仕事は精神的、体力的にも

相当大変なことなんだろうなと思った。



この日の午後は美味しいものでお腹も満たされて

おまけに子供にせがまれ仕方なく始めたトランポリンで大はしゃぎするも




一番の収穫はSamとRachelの内なる美を見たこと。



できるだけ幅広く、たくさんの人に読んでもらうため
1日1回 どちらかを‘ポチッ’っとクリックお願いします♪


  ↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

ありがとうございます!!! 感謝♪ (^o^)
[PR]
by eccj-london | 2008-09-23 00:31 | ロンドンライフ。

ピクニック☆

に行ってきました。

あの湖の公園に行って以来、娘の夢だったピクニック。



イギリスでは毎年、

どんなに寒くてひどい夏だったとしても 

なぜか9月の初旬に快晴の気持ちの良い日が続くことがあります。



この日はここ最近では珍しく1日中太陽が。

まさしく “それが来た!” という感じでした。




“これを逃したら後はないかもしれない。” と、冷蔵庫にある物でパパーっと

お弁当を作って、6時半に閉まる公園へ5時過ぎに急いで出発!



f0181938_19143892.jpg




アヒルたちのいる湖の前に着いたら早速お弁当♪


f0181938_19163945.jpg
f0181938_19171582.jpg



作るところから楽しんでた娘が

初めて握ったちょっと小さめのかわいいおにぎり。


f0181938_19193998.jpg



来てから気が付いた・・・。

アヒルたちの前で骨付きチキンをムシャムシャ食べる、とってもCruelな私達。笑



f0181938_19242290.jpg



あー、楽しかった!


f0181938_1925267.jpg




神様、今日もすてきな1日をありがとう!




できるだけ幅広く、たくさんの人に読んでもらうため
1日1回 どちらかを‘ポチッ’っとクリックお願いします♪


  ↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

ありがとうございます!!! 感謝♪ (^o^)
[PR]
by eccj-london | 2008-09-19 19:25 | ロンドンライフ。