ECCJ日本語教会 in ロンドン Ealing Christian Centre Japanese Church

eccj.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ロンドン ・ イーリング その後。

2,3日前に イーリングブロードウェイに行く機会があったので

事件のあった場所がどうなっているのか、現状を見に少し立ち寄ってみました。



娘の学校の送り迎えによく通る道。
f0181938_815174.jpg

f0181938_8253049.jpg

f0181938_8264039.jpg




ニュースで大きく報道されていた 放火されたお店。
f0181938_8404966.jpg

f0181938_839923.jpg

f0181938_837298.jpg




道の反対側と言えば、このようにいつもと変わらない風景。なんだか不思議です。
f0181938_8305028.jpg

f0181938_8313294.jpg




ただ、いつもと違ったのは ニュースの撮影でしょうか? テレビクルーの人達が撮影中。
f0181938_8334732.jpg

「やっぱり 本当にここで暴動があったんだなー。」 と実感させられました。



全国ニュースで一躍有名となったのは この子供服やさんのオーナーです。
f0181938_8181453.jpg

ベニヤ板に書かれたこのメッセージが何だかうれしい。 がんばって欲しいです。 001.gif



ガラスがバリバリに割れていても この美容院は負けずに営業してました。 
f0181938_8225891.jpg




暴動は一旦は治まったようですね。 ひとまず安心です。

皆さん、たくさんの励ましのコメントや、お祈り、どうもありがとうございました。 058.gif



英国では この暴動に関しての討論や議論が色々なところで続いています。

これを機に 政治、法律、教育、家庭環境問題、モラル感、社会の在り方・・・・etc、

色々な角度から 主に青年への対応方法、改善策が 話し合われています。




色々な要因を考えてみると、今回の暴動は 今の社会の持つ問題のほんの一部が

表面化しただけだと言えるのかもしれません。




<スカイニュースより> ここでのこの二人の意見は ほんの一部でしょうが 個人的に元ギャングの人の

話に感動しました。 学ばされ、励まされ、また、チャレンジを受けます。





これからの英国に期待します。 そして、自分自身も 教会の一部として

キリストの体の一部として このコミュニティのために 益となる何かをしていこうと思います。



“この世は危険なところだ。悪いことをする人がいるためではなく、

それを見ながら、何もしない人がいるためだ。”             アルベルト・アインシュタイン


たくさんの人に見てもらえるように、ランキングに参加しています。
1日に1回どちらかをクリックしてね☆
   ↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
   ↑↑↑↑
他の日本やアメリカ発の熱いクリスチャンブログ、
おもしろいイギリス生活情報ブログもこちらから!


ECC日本語教会はプロテスタントの超教派の教会です。

ECCJの皆はこんな人たちの集まり・・・

ロンドン各地 & ロンドン郊外から

聖公会(英国国教会)、長老派、バプティスト教会、日本キリスト教団、ニューホープ、
ヒルソング、その他 在海外日本語教会・・・ etc などの
様々なキリスト教会出身の方たち & ノンクリスチャンも!☆

駐在ご家族、国際結婚ご家族、ビジネスマン、研究者、ワーホリ、留学生・・・etc


教会が初めてという方、小さいお子様連れの方 だれでもWelcomeです。
日本人以外の人達もたくさんいる国際的で、Familyの多い アットホームな雰囲気の教会です。
いつでも 気軽にECC日本語教会へどうぞ♪ お待ちしています☆


ECC 日本語教会 (ECCJ) Homepage : www.eccj.org.uk
E-mail : info@eccj.org.uk

日本語礼拝 & サンデースク-ル(子供のための教会学校)
毎週日曜日 14:30~16:00


Ealing Christian Centre
268 Northfield Avenue, Ealing, London W5 4UB UK


[PR]
by eccj-london | 2011-08-16 09:38 | ロンドンライフ。

私達の住む街 ロンドンのためにお祈りください。

今現在、住民に恐怖と不安、怒りをもたらしている ロンドンでの暴動。


朝起きてニュースを見てびっくり。 娘の通う学校のすぐ近くでも大きな暴動があったとのこと。


火をつけられ丸焦げになってしまっている車数台。 窓ガラスが割られ 荒らされているお店の数々。

スーパーマーケットには火がつけられ、その上にある おそらく人が住んでいるであろうアパートを含めた

建物全体が大家事に。 そして、消火活動している消防車。
 

昨夜、ロンドンで数カ所、バーミンガムやリバプールでも大きな暴動があったそうですが、

全国ニュースになっているイーリング地区の物はどれもが 良く知っている風景。

車が丸焦げになり、店が荒らされている通りは 娘の通学路です。


しばらくして、気がついたのが 自宅から500mも離れていない ウェスト・イーリング・ブロードウェイでも

ちょっとした暴動があったとの事。


夕方頃、少し買い物する必要があったので 子供たちを置いて出かけてみました。


その状況は私の想像以上です。
f0181938_4463744.jpg

f0181938_447842.jpg
f0181938_4474222.jpg
f0181938_4481631.jpg


殆どのお店が閉まっている、もしくは早々に店じまいをしていて、目的の物は結局買うことができませんでした。
f0181938_450387.jpg

f0181938_4522183.jpg

f0181938_4542050.jpg

f0181938_53513100.jpg

火災こそは起こっていないものの、荒らされているお店の中はめちゃくちゃ。

特に商品を売っているお店、ブロックバスター(レンタルDVD店)などの被害が特にひどい。



いつもはあまり見ないはずの 警察官のグループ。

不安そうに、もしくは 「ああ、これがニュースの!」と言うように 街並みを見ながら歩く人。

そして 中でも特に私が気になったのは 16、17歳くらいの若い少年少女の4,5人のグループ。

いくつも見ました。 なんだかいつもより多かった気が。 気のせい?



ニュースになっていて、うわさになっているから ただ見に来ているだけなのか、

もしくは 自分たちが昨晩やった現場を改めて見に来ているのか、

はたまた、今晩はもっとすごい事をやってやろうと 考えながら現場を見ているのか?



暴動のはっきりとした理由は分かっていないようですが  

中心となってやっているのは14歳から18歳くらいの少年少女達です。 その若さに、幼さに驚きます。

この暴動の一番の問題、カギとなるポイントは この子たちの心の中にあるのでは・・・・・?

どうして こんなことができてしまうのか?

子供たちの心がこのようになってしまったその責任は 私達大人や社会にもあるのではないか、と

考えさせられます。

「暴動によって顔にけがをした男の子に近寄り、リュックから財布を盗む少年のグループの動画」




・英国全土に広がりつつある この暴動が早く収まり、現状よりもひどくならないように。

・一般市民がこれ以上巻き込まれないように。

・今晩警備に当たる1万6000人(昨晩は6000人)の警察官が守られるように。

・対応する政府や警察に知恵が与えられるように。



・何よりも暴動を起こしている若い少年少女達の 飢え乾いた魂に 

神様が 真の心の満たしと平安を与えて下さいますように。


どうか、私達のコミュニティのためにお祈りください。



「あるお店の張り紙。」
f0181938_5235341.jpg


”お客様へ

ご迷惑をおかけします事を お詫びします。

お店が完全に修復され、清掃されてから いつも通りの運営を開始いたします。

8月12日(金)になる予定です。

彼らは 私達のお店を破壊しましたが、私達の心/精神までは破壊していません。”
[PR]
by eccj-london | 2011-08-10 05:36 | ロンドンライフ。

東日本大東日本大地震・津波の体験談。 被災地ボランティア活動の体験談。

明日のECC日本語教会 日曜礼拝 (8月7日 (日) 14:30~) は

南浦和バプティスト教会より 横田栄牧師とへーゼル夫妻をゲストスピーカーにお招きしての礼拝です。 016.gif

ご夫妻の自己紹介はこちらからどうぞ!

横田栄牧師は震災後 クラッシュジャパン を通し 被災地にてボランティア活動を経験されています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<クラッシュジャパンとは?>
キリスト教の団体であり東日本大震災で被災された方々の心に届くケアを目指して
救援・復旧の活動をしています。

Christian = クリスチャン
Relief = 救援
Assistance = 協力
Support = 支援
Hope = 希望

この言葉の頭文字をとって、救助する教会と被災教会の橋渡しとしての役割を担います。
そして、地域の教会を通して被災された方々を支援し、希望を伝えることを目的としている団体です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この日のメッセージは 横田栄牧師の 被災地においてのボランティア活動での体験談も含めた

みことばからの メッセージです。




そして、この日は 更に東日本大地震と津波を体験した方に 貴重な体験談と証を していただく予定です。

皆さんもニュースなどで衝撃を受けた写真の一つに 周りを完全に海水で囲まれてしまった

宮城県海岸沿いにある小学校を覚えていらっしゃるかと思います。

その小学校の校長先生であり、ECC日本語教会のメンバーのお父さまである方にお話を伺います。 



小学校の子供達や避難して来た方たち約600人と 屋上で救助を待ち、雪の降る寒い夜を過ごした体験。

周りの家や建物が全て水で覆われ、校舎の2階まで 水が押し寄せてきた体験。



一人のクリスチャンとして、

小学校の校長先生として、

この災害に直面した時の事、またその後の事をお話してくださいます。



遠く離れていても 私達の愛する日本の現状を 改めて理解し、更に祈りに覚える時となる事でしょう。

クリスチャンの方でも そうでない方でも、

日本人でも そうでない方でも 誰でもWelcomeです。

どうぞ 皆さんでお越しください。 お待ちしています。 001.gif



たくさんの人に見てもらえるように、ランキングに参加しています。
1日に1回どちらかをクリックしてね☆
   ↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
   ↑↑↑↑
他の日本やアメリカ発の熱いクリスチャンブログ、
おもしろいイギリス生活情報ブログもこちらから!


ECC日本語教会はプロテスタントの超教派の教会です。

ECCJの皆はこんな人たちの集まり・・・

ロンドン各地 & ロンドン郊外から

聖公会(英国国教会)、長老派、バプティスト教会、日本キリスト教団、ニューホープ、
ヒルソング、その他 在海外日本語教会・・・ etc などの
様々なキリスト教会出身の方たち & ノンクリスチャンも!☆

駐在ご家族、国際結婚ご家族、ビジネスマン、研究者、ワーホリ、留学生・・・etc


教会が初めてという方、小さいお子様連れの方 だれでもWelcomeです。
日本人以外の人達もたくさんいる国際的で、Familyの多い アットホームな雰囲気の教会です。
いつでも 気軽にECC日本語教会へどうぞ♪ お待ちしています☆


ECC 日本語教会 (ECCJ) Homepage : www.eccj.org.uk
E-mail : info@eccj.org.uk

日本語礼拝 & サンデースク-ル(子供のための教会学校)
毎週日曜日 14:30~16:00


Ealing Christian Centre
268 Northfield Avenue, Ealing, London W5 4UB UK


[PR]
by eccj-london | 2011-08-06 20:11 | 教会からのお知らせ。